化学設備トラブル対処作業 可燃性ガス除去を最優先 中災防

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害型別に対策示す ガイドラインへ見直し案

 中央労働災害防止協会は、化学物質を取り扱う事業場内での労働災害防止に向けて「化学設備の非定常作業における安全衛生対策のためのガイドライン」の見直し案を取りまとめた。設備故障などのトラブル対処や修理・検査作業において関係者の取るべき対策を示したもので、爆発・火災や挟まれ・巻き込まれなど想定される災害類型ごとに、具体的なリスク低減対策とその優先順位を明らかにしている。爆発・火災対策では、可燃性ガスや粉じんの除去・遮断などを最優先とした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月16日第3009号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ