職長教育の講師向けウェブ講座 中災防

2020.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会は、製造業における「職長」の能力向上教育を促進するため、講師を務める社内担当者向けオンライン講座の無料配信を開始した。今年3月に策定した教育カリキュラムの概要や具体的な教育内容を体系的にまとめるとともに、指導時のポイントを解説している。能力向上教育を担う人材の養成を通じて、職長を軸とした現場の安全衛生管理の強化を図る考え。

 教育カリキュラムは、講義とグループ演習を組み合わせた計6時間以上に及ぶもの。講義の必須項目には、「リスク」の基本的な考え方を踏まえて行うべき労働災害防止活動や、異常時における措置などを盛り込んでいる。

 オンライン講座では、教育内容のポイントや、グループ演習の進め方などを解説。併せて、安全衛生教育の企業事例を紹介する。

令和2年10月12日第3276号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ