死亡した職長を書類送検に 横浜西労基署

2015.04.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・横浜西労働基準監督署(石井登署長)は、㈱林間(神奈川県大和市)と同社職長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで横浜地検に書類送検した。昨年11月、同職長が運転していたドラグ・ショベルが転倒し、同職長が死亡する労働災害が発生している。

 労災は同県横浜環状南線の橋脚工事現場で発生した。同社は、橋脚の基礎部分に侵入するための斜面に対し、路肩の崩壊防止や地盤の不同沈下防止措置を講じていなかった疑い。現場はもともと水田地だったため極めて不安定な場所だった。

 同職長がドラグ・ショベルを運転して斜面を下っていたところ、車輌ごと転倒し、下敷きになり死亡している。

平成27年4月27日第3014号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ