じん肺健診せず製造業者送検 横浜西労基署

2020.04.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・横浜西労働基準監督署(大屋季之署長)は、じん肺健康診断をしなかったとして、㈲小野板金工業所(神奈川県横浜市)と同社代表取締役および安全管理責任者の同社工場長の計1法人2人をじん肺法第8条(定期健康診断)違反の疑いで横浜地検に書類送検した。

 代表取締役らは、常時アーク溶接作業を行う労働者に対し、3年に1度受診させる義務のあるじん肺健康診断を受診させず、さらに、粉じんから呼吸を保護する防じんマスクを少なくとも4人に使用させなかった疑い。違反は定期監督で発覚した。同労基署は「事前に是正指導をしていた」と話している。

【令和2年3月19日送検】

令和2年5月4日第3255号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ