JR西労組 ヒューマンエラーは非懲戒 JR連合主催シンポで報告

2015.11.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

警察事案になっても 真の事故再発防止型へ

 05年に福知山線脱線事故を引き起こして以降、確率的に発生が避けられないヒューマンエラーを非懲戒とする方針を打ち出したJR西日本。事故の原因究明と再発防止が狙いだが、同社の労働組合=JR西労組が、「注意事象」も含むすべてのヒューマンエラーを懲戒やマイナス評価の対象から外す内容の提言をまとめ、制度化をめざした労使の議論が行われていることが分かった。警察事案となっても、社内上の処分は行わない方向で議論されている。11月9日にJR連合が開催した集会で報告された。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月23日第3042号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ