他労組脱退者誘う JR連合

2018.06.26 【労働新聞】

 JR連合(松岡裕次会長)は6月11日、東京都内で開催した定期大会で、JR労働界の一元化をめざした活動を強化する方針を決定した。

 今年の春闘で、運動路線が違うJR総連加盟のJR東労組から1万5千人規模の組合員が脱退したのを好機とみるもので、自らの民主的組合活動の重要性を訴えながら加入を誘う方針。

ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成30年6月25日第3166号4面

あわせて読みたい

ページトップ