グループ会社の目標賃金を改編 JR連合

2014.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 JR連合(松岡裕次会長)は、今後5年にわたる労働政策”中期ビジョン”をまとめ、中小主体のグループ会社がめざす目標賃金を改定した。業種ごとの分科会を厚生労働省の賃金センサス(中位数)を基に再編成、5歳刻みで必達水準などを示したのが特徴だ。工務(施設/電気)・25歳の必達目標21万2100円、物販(小売/車販・駅弁)同20万7300円などが運輸、ホテルなど5分科会別に示されている。連合が示すミニマム水準クリアが前提。

関連キーワード:
平成26年7月14日第2976号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ