ベア獲得組合増加へ 改定安全指針案も提起 JR連合・25回大会

2016.06.30 【労働新聞】

 JR連合(松岡裕次会長)は、6月14・15の両日にわたって東京都内で第25回定期大会を開催した。

 「3000円」の純ベア統一要求を掲げて取り組んだ16春闘の中間総括が行われ、6月2日現在、JRグループ労組連絡会92組合中の76組合が妥結し、そのうち35組合が単純平均で734円、加重平均では823円のベアを獲得している進捗状況が報告された。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年6月27日第3070号6面

あわせて読みたい

ページトップ