二兎負う方針、決定目前 「経済成長」と「所得向上」

2013.12.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

JAM…平均9000~1万500円 基幹労連…2年にわたって3500円

 依然春闘を牽引する立場にある連合の金属グループ=金属労協・JCMの賃上げ方針案が示されだした。構成5産別のうちのJAMと基幹労連が執行部案に基づく討論集会を終了。前者が平均9000~1万500円、後者は1%=3500円を2年間にわたり、それぞれ現行の月例賃金に積み増すよう求める考えだ。物価が上昇局面にあるなか、来春からの消費増税もにらみながら、実質生活を維持するための「経済成長」と「所得向上」の二兎を追う方針が決定目前の状況にある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月23日第2950号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ