日本がめざすWLBに逆行 メーデーで政府批判

2015.05.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府の目線は時代に逆行――第86回中央メーデーが4月29日に東京で開かれ、冒頭、主催者を代表して挨拶した連合本部の古賀伸明会長は、安倍政権が推し進める労働者保護ルール改悪の動きをやり玉に挙げた。

 古賀会長は、日本がめざすのはワーク・ライフ・バランス社会の実現だと改めて指摘し、それに必要な正社員・男性・長時間労働をモデルとした働き方の見直しが大きな課題だと訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年5月18日第3017号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ