「重点7法案」に是々非々で 常会へ臨むスタンス 連合

2015.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

民主新代表交え院内集会

 連合は2月9日、今通常国会での審議が見込まれる法案のうち、重点法案と位置付ける7つの法案を題材に、民主党の岡田克也新代表を交えて院内集会を開いた。政府が再々提出を狙う労働者派遣法ほか、新たな労働時間法制の構築が盛り込まれる労働基準法等、技能実習新法(仮称)、若者雇用対策法(仮称)、女性活躍推進法、医療保険やGPIF関連の各法案に対し是々非々で臨んでいくスタンスを確認した。雇用の安定、将来不安払拭の観点で民主党を通じて政府案に対峙する姿勢を鮮明にしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年2月23日第3006号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ