労組に過労自殺の責任なし 会社は安配義務違反

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

国の権限不行使も認めず 東京地裁判決

 東京地裁は12月20日、長時間労働など業務上のストレスが原因で自殺した労働者の遺族による損賠・国賠請求訴訟に判決を言い渡し、36協定の締結当事者として被告人に名を連ねていた労働組合の責任を否定した。原告は、使用者に対して何ら是正措置を求めず、月に最大200時間もの時間外労働を可能とした同協定を会社と締結した労働組合の責任は重いと訴えたが、小野洋一裁判長は、被告会社の安全配慮義務違反に基づく損害賠償責任を認めた以外、国の権限不行使などの訴えも含めて退けた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ