全国医師ユニオン・実行委員会 「長時間連続労働」解消を

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

厚労相に文書要請 女性医師の環境整備も

 日本全国の勤務医でつくる全国医師ユニオン(植山直人代表)が昨年立ち上げた実行委員会は7月19日、勤務医の労働時間管理の徹底や医療事故防止の観点に立った医師の長時間連続労働の解消などについて、田村憲久厚生労働相に文書で要請した。小児科学会をはじめとする4学会や各医療団体の協力を得て行った勤務医の労働実態調査結果に基づくもので、女性医師がフルタイムで働ける環境整備にも言及したほか、2010年の診療報酬改定で増額された約4000億円の医療費の使い道も明らかにするよう求めている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月12日第2932号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ