医師ユニオン・植山代表 「高度プロ」に反対訴え

2015.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

無制限な労働助長と 医師の働き方増やすだけ

 勤務医でつくる全国医師ユニオンの植山直人代表は8月5日、過労死を考える家族の会が主催した緊急院内集会で登壇し、政府がめざす高度プロフェッショナル制度に反対姿勢を鮮明にした。聖職扱いで労働基準法など無縁だった医者のような無制限な働き方を増やすだけと述べ、過労で倒れた麻酔科医の控訴審報告などを行いながら、「結局は、財界が責任を持たなくて良いようにするための制度だ」と切り捨てた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月24日第3030号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ