「賛同人」半月で100人に迫る 麻酔科医の訴訟支援 全国医師ユニオン

2015.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

地裁判決を不服と控訴

 勤務医でつくる全国医師ユニオン(植山直人代表)が7月に立ち上げた「麻酔科医師労災訴訟を支援する会」の賛同人が、わずか半月で100人近くに達する勢いにある。長時間労働を行った末、07年に脳出血を発症、遷延性意識障害となって寝たきりになったケースで、労災認定後の損賠訴訟は今春敗訴した。すでに東京高裁に控訴しており、8月5日の第1回口頭弁論の場には、家族が原告本人を連れてくる予定となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月3日第3027号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ