署名集約34万人分 “過労死防止法”制定を 実行委員会

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 多くの労働組合も賛同者に名を連ねる過労死防止基本法制定実行委員会(委員長・森岡孝二関西大学教授)が11月20日に衆議院議員会館で開いた集会で、昨年11月にスタートした「ストップ過労死100万人署名」の現時点における集約数がおよそ34万人分となっていることが報告された。そのうちの36%が、労働組合関係の署名となっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月3日第2899号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ