「長時間労働」は真実 組合員の処分無効に 大阪高裁

2018.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新聞社へ内部情報提供

 新聞社の取材に虚偽情報を提供し、会社の信用を毀損したとして、出勤停止10日の懲戒処分を受けた帝産湖南交通㈱(滋賀県草津市)の労働組合の元執行委員長が同処分撤回を求めた裁判で、大阪高等裁判所(藤下健裁判長)は、記事の内容を真実と認定、1審の判断を変更し、同処分を無効とする判決を下した。新聞記事では、3日間連続の長時間労働の後に心筋梗塞を発症したと記載していたが、発症1週間前からの実態をみて、より過酷な労働環境と判断した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月16日第3169号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ