【追跡レポ】エヌケーケーシームレス鋼管/社内講師に若手社員を活用

2014.07.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

技能職の理論教育担う 教えることで自身も成長

若手エンジニアがオペレーターに理論講習を実施

 エヌケーケーシームレス鋼管㈱(神奈川県川崎市、ローランド・バルケネンデCEO、従業員数600人)では、社内の知識・技術の標準化が企業競争力の向上に直結するというナレッジ・シェアリングの観点から、社員の技術研修に多くの社内講師を活用している。2年前からスタートしたのが若手技術職による技能職への理論研修だ。OJTで教えきれない”決まり”の「なぜ」「そもそも」が理解できると好評だ。周到な準備を重ね、改めて自分の知識や技術について考えを整理し、伝え方を工夫するなどの講師経験により本人自身の成長にも期待する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年7月28日第2978号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ