【賃金事例】ルネサスエレクトロニクス/グループ5社で全14等級に 将来は国内外統一へ レンジ内4分割し昇降給

2015.02.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ルネサスエレクトロニクス㈱(本社事務所・東京都千代田区、作田久男代表取締役会長兼CEO)は、人事制度のグローバル統一に向けて国内のグループ5社で共通の制度を導入した。旧・関係会社を含めて16種類もの制度が混在していた状態を改め、国内統一を進めている。個々の役職、ポジションを全14等級の体系に格付けたもので、将来的には全9等級のグローバルグレードへの移行をめざす。給与体系は一部の手当を除いてグレード別の範囲給に一本化しており、給与レンジを四分割したゾーンごとに異なる昇降給テーブルを運用していく。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年2月2日第3003号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ