【賃金事例】モスストアカンパニー/”エリア内異動”基本に3区分 昇進・昇格運用で区別せず 全国転勤型は本給10%増

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国で約200店舗のモスバーガーを運営する㈱モスストアカンパニー(東京都品川区、都築好美社長)は、今年4月に勤務地の範囲で3つの社員区分を設ける新人事制度を導入した。従来は北日本・東日本・西日本の3つの地域に分かれていた法人を前年に統合したことを受け、給与体系の統一を進めたもの。既存の条件と変わらない各支社のエリア内のみ異動可能なA社員を基本とし、新たに全国異動型のN社員、自宅通勤限定型のJ社員の区分を設定した。昇進・昇格の運用は区別せず、等級別定額の本給部分で差を付けている。A社員に比べてN社員は1割高くし、J社員では一律1万円低くした。昇給や賞与決定においても、若干ながら違いを付けている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月18日第2981号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ