がんとの両立策発表 高度先進医療に補助 伊藤忠商事

2017.09.08 【労働新聞】

 「健康憲章」を掲げて健康経営に取り組んでいる伊藤忠商事㈱(東京都港区、岡藤正広代表取締役社長、4381人)は、新たにがんと仕事の両立支援策を発表した。予防と早期発見、治療をサポートする態勢の強化を最優先事項に掲げている。

 支援策発表に合わせ、国立がん研究センターと提携を結んだ。40歳以上の社員に5年に1度、がんに特化した定期検診を同センターで受診させることで、早期発見をめざす。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年9月4日第3127号3面

あわせて読みたい

ページトップ