運転者の負担軽減へ 物流対策大綱を決定 政府

2017.08.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府は、2017~20年度を対象とする総合物流施策大綱を決定した。物流分野の生産性向上に向けて、AIなど新技術による「物流革命」や、人材の確保・育成など6つの視点に立った取組みを推進するとした。

 物流現場においては、トラックドライバーや物流施設での作業員が不足しており、高齢化も進んでいる。今後、熟練者の大量退職や生産年齢人口の減少に伴う人材確保難への対応が必要になると指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月28日第3126号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ