【今週の視点】連合の「高プロ」対応も理解可

2017.08.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「実」取る手段として 働き方改革と総合判断

 一連の「高プロ」報道で、組織率低迷に苦しむ労働組合(連合)の知名度が図らずも高まった、それも悪しき格好でといった感だが、2つの改正労働基準法案の取扱いをめぐる「独走」と報じられた一部執行部の行動も分からなくない。国会の勢力図等を睨み、働き方改革とトータルで選択したナショナルセンターとしてのギリギリの判断だったのではないか。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月21日第3125号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ