【今週の視点】運送業 睡眠不足時の乗務禁止に 点呼で状況チェック

2018.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

SASや過労対策が重要

 国土交通省は、バス、トラック、タクシーの運転者の睡眠不足に起因する事故を防止するため、今年6月から睡眠不足の運転者の乗務を禁止する。乗務禁止は事業者の義務で、乗務前点呼時に睡眠不足の有無をチェックする。必要な人員が乗務禁止にならないよう、事業者にとっては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)への対処や、長時間労働削減の取組みが重要になる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月28日第3162号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ