【今週の視点】機熟す「労働者代表制」

2017.07.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

今こそ制度導入を 過半数労組ない職場で

 その選出手続きなど制度的不備が指摘されて久しい「過半数代表制」が注目を集めている。働き方改革の柱である時間外労働の上限規制成立後、「上限までなら働かせられる」との誤解を広げないためにも、過半数労組がない場合の36協定締結当事者として制度を導入するタイミングだ。これまでやや及び腰だった連合も前向きに検討する構えをみせている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月17日第3121号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ