【特集1】熟練者が工事現場を監査 対策聞き取りじっくり指導 事業部の管理体制チェックも キャプティ

2017.08.18 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京ガスグループのガス設備工事会社で、首都圏を中心に都市ガスのインフラ設計、施工・維持管理を行う㈱キャプティは、「現場監査」「事業部監査」という2つの監査と「安全教育」を柱とした事故・災害防止に力を入れている。現場監査は、熟練の専任監査員が工事現場を巡回し、予想される災害とその対策を確認していく。重機の点検や有資格者の配置、第三者災害への注意など、現場担当者にヒアリングしながら、じっくりと現場を指導している。事業部監査では、全部で16ある事業部の安全管理体制を本社が監査し、優れた事業部を表彰している。教育面では、現場の安全教育および近年目立つ交通事故・熱中症防止に努めている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月15日第2288号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ