【特集1】〝滞在型パト〟でじっくり指導 安全管理の心構えを若手に伝える/鹿島建設(株)東京土木支店

2017.05.17 【安全スタッフ】

 鹿島建設㈱東京土木支店では、現場のノウハウを知り尽くした2人のベテラン社員が安全のための滞在型パトロールを行っている。「資材の置き方、保護具、重機の監視員……」じっくりと時間をかけて行うパトロールでは、若手社員と一緒に現場を巡視しながら、不安全行動や不安全箇所を見つけていく。さらに、安全管理を始めとした現場管理のポイントや安全最優先の心構えなども伝授するなど、頼りになる指導役として活躍している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年5月15日 第2282号

あわせて読みたい

ページトップ