ダンピングを防止 社保加入へ行動基準 中部整備局

2017.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

画像はイメージです

 国土交通省の中部地方整備局(塚原浩一局長)は、愛知県の建設業における社会保険加入を促進するため、「愛知県建設業社会保険加入促進地域会議」を開催し全国で初めて共同宣言を採択した。

 参画したのは、愛知県建設業協会や日本建設業連合会中部支部など計94の団体や企業。平成24~28年度の5カ年で進めてきた社保加入対策を一層徹底していくとともに、同県地域単位で情報や意識を共有し、小規模事業場まで含めた社保加入の運動を定着させていくのが目的である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月14日第3124号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ