建設業向け専門家育成へ 社保加入を後押し 全国社労士会連合会

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

相談対応の手引き作成

 全国社会保険労務士会連合会(金田修会長)は、建設業における社会保険加入を後押しするため、建設業に詳しい社会保険労務士の育成に乗り出す。国土交通省による未加入対策の強化などを背景とした建設事業者からの相談増加に備える。今年2月をめどに、同業界の専門知識や相談対応のポイントに関するマニュアルを作成するとともに、e―ラーニングによる人材育成を開始。各地でマニュアルを活用した研修会も開催する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月14日第2904号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ