マイナンバーの適正管理を宣言 全国社労士会連合会

2015.10.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国社会保険労務士会連合会(大西健造会長)は、マイナンバー対応への取組みに関する大西会長の声明を発表した。国民に向けて、社会保障分野の専門家である社労士が「法律を遵守してマイナンバーを適正に取り扱う」と宣言している。

 事業主に対しては、マイナンバーに関する基本方針や取扱い規定の策定と就業規則の整備をサポートするとした。加えて、各事業主が法定の安全管理措置を講じることができるよう支援することも表明した。

関連キーワード:
平成27年10月19日第3037号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ