はしご・脚立対策を強化 木建現場墜落防止へ手引き 設置や使用上の注意示す 建災防

2024.05.10 【安全スタッフ ニュース】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は、「木造家屋等低層住宅建築工事墜落防止標準マニュアル」を策定した。従来の墜落防止マニュアルを見直したもので、主な改正点としてはしご・脚立対策の部分を新たに加えている。はしごの設置や使用のポイントなど、不適切な例などを交えながらイラストで分かりやすく示したほか、災害事例も掲載した。また、スライドレール式安全ブロック工法に関する留意事項なども盛り込んだ。木建工事における墜落・転落災害を起因物別に見ると、「はしご等」は1割強と屋根や足場よりも割合は低いが、件数がなかなか減らない実態にあるという。

 木造家屋など低層住宅建築工事の労働災害防止については、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2024年5月15日第2450号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。