トータルとして評価 NTT労組が17春闘総括

2017.07.24 【労働新聞】

 NTT労働組合は、7月11、12日に東京で開催した第20回定期大会で、17春闘総括を行った。

 「NTT労組に結集するすべての働く仲間の賃金をはじめとする諸制度をトータルで捉えた労働条件改善」を狙った今回、正社員については、4年連続の賃金改善や2年連続となる資格賃金の改定が行われたため、「特別手当への反映も含め、生涯賃金に大きく影響する」と前向きに評価。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年7月24日第3122号4面

あわせて読みたい

ページトップ