8割超の企業で賃上げ実施 商工リサーチ調査

2017.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年4月に賃上げを実施した企業割合は83%で、引上げ額は「5000円以上1万円未満」が27%と最多に――㈱東京商工リサーチによるアンケート調査で分かったもので、人材流出防止を狙った賃上げという色彩が強いとしている。

 賃上げの内訳をみると定昇のみが30%、定昇+ベアが16%、定昇+賞与増額が14%だった。引上げ額は「5000円以上1万円未満」が27%で最多。平均は5774円。賃上げ実施の理由として「従業員を定着させるため」との回答が53%に。

関連キーワード:
平成29年7月3日第3119号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ