交通労連17春闘 加重平均3千円半ば 100円増の中間まとめ

2017.06.23 【労働新聞】

 トラックやタクシーのドライバー、鉄道・バスの運転士、自動車教習所職員などでつくる交通労連(山口浩一中央執行委員長)は、6月7~9日までの3日間にわたって東京で開催した中央委員会で17春闘の中間まとめを行った。

 5月30日時点の解決率は6割強で、賃上げの単純平均は2362円(1.11%)、加重平均では3591円(1.44%)であることが報告された。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年6月19日第3117号4面

あわせて読みたい

ページトップ