前年超すベア引出し JR連合が初の取組み グループ春闘中間まとめ

2017.05.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中小グループ企業の17春闘を今まさに展開中のJR連合(日本鉄道労働組合連合会・松岡裕次会長)は、底上げ・格差是正の機運を盛り上げるべく、初めてとなる中間まとめを行った。グループ92単組中、妥結した52単組のうちの30組合がベースアップ回答を引き出しており、前年同時期の22単組と比べ大幅に伸びているとした。今現在交渉中(33組合)や要求状況を確認できていない単組も多いため、昨年のベア獲得組合数(38組合)を上回る可能性もある。

 とりわけ人手が足りないとされる「陸運・物販・ホテル部門」が昨年のベアと同水準か上回る健闘をみせていると産別執行部では話しており、ベア回答を引き出したグループ企業全体の単純平均は527円。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年5月22日第3113号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ