772組合3月内決着へ今春闘でUAゼンセン 中小が大手の要求上回る

2017.03.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合傘下で最も大きいあらゆる業種の労働組合を傘下に収めるUAゼンセン(松浦昭彦会長)は3月9日、2017賃金闘争総決起集会を東京で開催し、8日時点で1862組合が賃金闘争に参加したことを公表した。

 情勢を報告した木暮弘書記長によると、闘争を牽引するA、Bグループが合計341組合、日本全体の相場づくりをめざし全国各地で3月末の決着をめざすCグループが431組合となり、合計772組合が月内決着に向け交渉を展開しているとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月20日第3105号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ