“有志”的動き強化へ 13春闘相場形成で思い UAゼンセン逢見会長

2012.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「13春闘は、より有志的な動きを強化できたら」――UAゼンセンの逢見直人会長による11月29日の発言で、内需型産別として昨年以上に春闘の相場形成に力を入れたい思いを述べた。

 新産別発足以降、初の政策フォーラム(東京都内)での発言で、集まった単組の政策担当者らに、13春闘に向けた心構えとして語った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年12月10日第2900号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ