復職認めず救済命令 合理的説明ないと判断 神奈川労委

2017.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県労働委員会(盛誠吾会長)は、病気で休職中の組合員が就労可能であるとの診断書を提出したにもかかわらず、職場への復帰を認めなかったうえ、休職中の賞与を支払わなかった学校法人神奈川歯科大学を、不当労働行為と認定した。

 大学側は、復職をめぐる団体交渉の場で「病気の原因が不明であることが復職を認めない理由」と繰り返すだけで、合理的な説明をしなかったため、正当な理由がない団交拒否に当たるとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ