”支援組織”は対象外 異動の不利益扱を否定 神奈川労委

2013.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 神奈川県労働委員会(盛誠吾会長)は、組合員の人事異動が支援組織の活動を嫌悪して行った不当労働行為であるとして原職復帰を求めた事件で、支援組織が同組合員の所属する日本郵政グループ労働組合の活動と認められないとして申立てを棄却した。支援組織の要綱に組合活動に関する項目がなく、これまで労働条件の改善を会社側に要求した事実もないとして労働組合の行為に該当しないと判断している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年8月26日第2934号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ