非正規雇止めは不当 「業績悪化」認めず 神奈川労委

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県労働委員会(盛誠吾会長)は、組合が雇止め撤回などを求めていた事件で、介護サービスを営む㈱リ・ケア多摩(川崎市)の不当労働行為を認定した。業績悪化を理由に雇止めした組合員2人の契約を1年更新したものとして扱い、その間の賃金相当額の支払いを命じている。

 同社は、有期契約の組合員2人に対し、平成22年10月と12月に業績悪化などを理由に雇止めを通知した。組合は、22年9月に組合員2人が組合加入したことを同社に通知し10月に団交を求めていたことから、同社が組合員排除を目的に雇止めしたとして撤回などを要求。これに対し同社は、雇止めは業績悪化と勤務態度不良によるもので組合加入とは一切関係なく、雇止めの決定時期も加入を認識する前と主張した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月4日第2911号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ