全体の被害開示せず アスベスト団交で不当 神奈川労委

2014.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県労働委員会(盛誠吾会長)は、アスベスト健康被害に関する団体交渉で、数十年前に退職した元従業員が加盟する労働組合に具体的な資料を提示しなかった大手製造メーカーのニチアス㈱(東京都中央区)を不当労働行為と認定した。組合が工場全体における非組合員を含む健康被害の実態などの情報を求めたが、元従業員個人の補償問題とは関係ないとして回答しなかった。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月10日第2956号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ