建物内部作業で休業災害が多発 住団連調査

2017.06.29 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建物内部作業中の墜落・転落災害が多発――一般社団法人住宅生産団体連合会(和田勇会長)は、「平成28年低層住宅の労働災害発生状況報告書」を取りまとめた。内部造作作業中の災害の占める割合が高まっていることから、建物内部における作業員の不安全行動を防止するための一人KY(危険予知)や災害防止教育を徹底するよう提言している。

 報告書では、同連合会傘下6団体の会員企業479社へのアンケート結果に基づき、新築工事などにおける昨年1年間の災害発生状況(休業4日以上)を分析している。

 それによると、新築完工棟数1000棟当たりの発生件数は2.07件となり、前年に比べて0.27件減少した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月26日第3118号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ