高齢者の安全対策で事例集 作業台を改善し負担軽減図る 中災防・先進企業10社示す

2017.05.03 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

9528e5c4d0b2ddbaca9865c719248ee6_s 中央労働災害防止協会はこのほど、「高年齢労働者の活躍促進のための安全衛生対策」を取りまとめた。高齢者の労働災害防止や身体機能の向上に役立ててもらうため、先進的に取り組んでいる企業10社にヒアリング調査を行い、安全衛生教育や転倒・腰痛防止対策、作業負荷の軽減などの優良事例を紹介している。ダイキン工業㈱では、業務用エアコンという大型の重量物を取り扱っているため、作業負荷のかかる姿勢を取ることが多いとして、作業台を回転・上下に昇降させられるように改良した。日本冶金工業㈱川崎製造所は、労災要因に加齢による運動機能低下があるとして、45歳以上の者に特化した教育研修を実施し、体力の衰えの自覚や作業環境改善につなげている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
[平成29年5月1日付2281号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ