企業は”不可避”精神障害者雇用 労組書記長が指摘

2017.06.13 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 障害者の法定雇用率が来年4月に2.2%に引き上がることが決まった件で、働く障害者を支援しているソーシャルハートフルユニオンの久保修一書記長は、「約8万人の障害者雇用を企業は迫られるが、比較的対応しやすい身体障害系はほぼおらず、精神障害者雇用が避けられない」と指摘した。

 また、「精神障害者の受入れ準備ができている企業は皆無に近い」とも述べ、「受入れ側企業の健常な社員とのトラブルを避けるためにも、厚労省の関連サポーター事業が実務で生きることを期待している」と本紙にコメントを寄せた。

平成29年6月12日第3116号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。