きめ細かに支援 障害者雇用で基本方針 厚労省

2018.03.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、平成30~34年度を対象とする障害者雇用対策基本方針案を労働政策審議会に諮り、「妥当」とする答申を受けた。障害者雇用施策の基本事項などを示したもので、精神障害者を始めとした個別的な支援が必要な者に重点を置き、障害の種類・程度に応じたきめ細かな対策を総合的に講じる。

 具体的には、雇用義務があるにもかかわらず1人も障害者を雇用していない企業(障害者雇用ゼロ企業)が3割に上る状況を踏まえ、民間企業における法定雇用率達成に向けた指導を強力に実施する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月26日第3154号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ