15社分の好事例を収載 産廃業者の人材確保で 環境省

2022.07.18 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 環境省は、女性や高齢者、障害者、外国人などの多様な人材の確保・活用に取り組んでいる産業廃棄物処理業者にヒアリングを行い、その結果を事例集としてまとめ、ホームページ上で公表した。合計15社の事例を収載している。

 たとえば埼玉県深谷市の事業者では、ネパール人やペルー人など合計20人の外国人社員を雇用し、安全対策として作業現場の看板などは日本語と英語の両方で記載するようにしている。

 女性が働きやすい環境の整備に努めたのは広島県広島市の企業。企業内保育所をはじめ男女別の休憩所などを設けている。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。