働き方改革で奨励金 年休取得など適用拡大 埼玉県

2017.05.29 【労働新聞】

 埼玉県は今年度から、働き方改革に取り組む企業への奨励金制度を拡充した。年次有給休暇の取得促進や時間外労働の削減などで成果を挙げた企業に10万~30万円を支給する。男性も含めた職場環境改善を支援し、女性の就業促進につなげたい考え。

 同県は昨年度、10日以上続けて育児休業を取得した男性従業員がいる企業に1社当たり30万円を支給する制度を創設した。今年度から新たに①年休の取得促進、②時間外労働の削減、③テレワーク制度の導入――の3つを対象項目に加えた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年5月29日第3114号3面

あわせて読みたい

ページトップ