職種別災害リスク把握へ 新ヒヤリハットDX化で 建災防

2022.05.10 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

現場の課題教育に生かす

 建設業労働災害防止協会は、建設業における安全衛生管理DX(デジタルトランスフォーメーション)の方向性に関する報告書を取りまとめた。ヒヤリハットを事故や災害に至らなかった理由や回避できた能力などの観点からとらえ直した「新ヒヤリハット報告」をデジタル化し、業界展開した場合のメリットについて、年齢・経験年数・職種など属性別に災害リスクやレジリエンス(復元)能力の特徴を把握することができると指摘。現場での課題を見える化することで、教育を含む具体的対策に反映することが可能になるとした。スマートフォンで共有できるアプリの活用により、管理者が現場に赴く手間も省けるとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年5月15日第2402号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。