ヒヤリハット 回避できた理由聞く 成功体験の側面から対策 建災防

2021.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新報告を作成へ

 建設業労働災害防止協会は、心身の健康だけでなく、レジリエンス(復元力)を重視した「新ヒヤリハット報告」を作成した。従来のヒヤリハット報告と大きく異なる点は、業務量や疲労の度合い、気分や睡眠状態などの体調に加えて、仕事のやりがいと周囲のサポートに関わる質問、ヒヤリハットを回避できた具体的な理由についての質問があることだ。ヒヤリハットを単に災害の疑似体験としてのみ捉えるのではなく、「災害に至る前にリカバリーした貴重な成功体験」の側面から分析ができる画期的なもの。これまで安全衛生活動では把握できていなかった仕事のコントロールや人間関係、働きがいまでを視野に入れた包括的な対策が可能になる。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年3月15日第2374号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ