ヒヤリハットを成功体験に レジリエンスの視点から調査 建災防

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害回避できた理由解明へ

 建設業労働災害防止協会は今年度、従来とは異なる切り口によるヒヤリハット実態調査を行う。ヒヤリハットの具体的な状況を把握するとともに、災害を直前で回避できたことを逆に“成功体験”と捉え、その理由をレジリエンス(復元力)の視点から明らかにする。「状況がいつもと違っていたため予測できた」「リーダーや仲間から声を掛けられた(とっさに注意された)」などの選択肢から最も当てはまるものを選んでもらう。分析結果を今後の安全衛生教育の強化に生かす考えだ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ